メニュー 閉じる 検索

ログイン

メンターコラム

2018年09月27日

自分の暮らしにちょうどいい街  静岡

㈱東海軒

西村 さち子

当社は、静岡の地に鉄道が開通された同じ年である明治22年に、鉄道内の立ち売り業として創業し、お陰様で今年130年を迎えます。定番の幕の内や、鯛めし、サンドウイッチ等を、駅や店舗やスーパーマーケット等に販売しています。

私は外商部に所属しており、地元の自治会や企業や学校などを訪問して、イベントや会議にご利用いただくお弁当のご提案をしています。職場は元気なベテランの方々が多く、和気あいあいとした雰囲気です。しかしながら、日々常に心掛けているのは衛生面の徹底で、企業理念である「安心・安全」をお届けしたいと考えています。
休日は美術館巡りをしたり、今まさにシーズンのクラフトビールを嗜んだりしています。また最近は、仕事上で英語の必要性を感じた機会があり、英会話スクールに通って学んでいます。

私の出身は藤枝ですが、大学生と社会人の前半を北海道で過ごし、また地元の静岡にもどってきました。そんな私が感じる静岡で働く魅力は、静岡が“自分の暮らしにちょうどいい街”ということに尽きます。遠出をしたり不便さを感じることなく気軽にウィンドウショッピングや美術館巡りもできながら、日帰りで東京に出るのもアクセスが良いところもポイントの一つです。

最後になりますが、当社は平成26年にM&Aにより大鉄フード部門を買収し東海軒金谷事業部として運営していますが、近々私も金谷事業部に異動となります。新しいエリアで心機一転頑張りたいと思います!


企業紹介

・会社名
㈱東海軒

・所在地
静岡市駿河区登呂6-5-35