メニュー 閉じる 検索

ログイン

メンターコラム

2020年05月22日

美味しさとおもてなしで愛される店づくりに努めたい

株式会社 入船鮨本店

川澄 彩乃

私は静岡に帰ってくると気分が落ち着きます。静岡は空気がきれいで気候温暖、海・山・川・自然にも恵まれ、温泉もある。お茶をはじめ、食材も豊富で美味しい。人柄も優しく良い人が多いと感じます。正に“癒しの国”で、来る人を温かく受け入れてくれる場所だと思っています。
しかしながら、若者には一度静岡を離れることをお勧めします。そして、感性を磨き、知識・経験を積んで、今までとは違った視点から地元を見つめ直してほしいですね。よそで腕を磨いて帰ってきてもらい、静岡の将来を担う人材として活躍してくれるといいですね。


企業紹介

当店は大正元年創業。父が現在の三代目社長で、私は市内にある5店舗の営業を担当しています。また、静岡と東京の事務所に所属し、モデルとしても活動中です。モデルの仕事で国内外へ撮影に出掛け月の半分は静岡にいないため、日々フル回転で頑張っています。最近は、海外からの団体客が増えており、静岡の観光+食事のプランも企画しています。自分自身おもてなしすることが大好きで、とにかくお客様に楽しんでいただくことを第一に考え、アイデアを練ります。
今後は、伝統の味を継承しつつ新しいものにも積極的に挑戦していきたい。当店は従前から鮨だけでなく、創作和食も提供しており、鹿児島牛の石焼きやフォアグラのバター焼きなどが人気メニューです。また、本物の料理を提供し続けていくため、若い職人を増やしたいですね。
休日は、趣味と実益を兼ねてあちこち出向いて食べ歩きし、新しい料理・食材・接客接遇・店舗デザインなどを研究しています。東京ではいつも新しいものに触れ、とても刺激を受けています。