メニュー 閉じる 検索

ログイン

メンターコラム

2020年06月01日

いつかは自分が考案した商品を世に送り出したい!

山梨罐詰㈱

東城 加奈

私の実家は藤枝市内にあり、地元を離れたのは大学に通った4年間だけですが、地元を離れたことで、逆に静岡に暮らす人の穏やかさや過ごしやすさといった静岡の魅力を再認識しました。
静岡は海・山・川など自然に恵まれ、資源も豊富にあるので、様々な業種が栄えています。
私は、もともと大企業ではなく地元の中小企業へ就職したいと考えていたので、現在は希望通りの会社で働くことができ、日々やりがいを感じながら仕事をしています。
これから静岡で働く学生には、自分がやってみたいこと、少しでも関心があることは諦めずに挑戦し続けてほしいです。


企業紹介

当社は1933年に創業した食品製造会社で、缶詰・カップ・レトルトパウチ製品を生産しています。これまではブランドオーナー様の商品のOEM生産を中心に行ってきましたが、近年は自社ブランド製品の開発にも力を入れており、しらすの缶詰や抹茶プリンなどを生産しています。
私は研究開発部に所属し、主に開缶検査等の品質管理や新商品の開発に携わっています。業務が円滑に遂行するようにコミュニケーションを多く取ることを心掛けています。以前、新商品の立ち上げ時に自分のちょっとした確認・連絡不足で製造がうまく進まず時間が掛かってしまったことがあり、事前準備の大切さを痛感しました。
今後は、新商品を開発している先輩方のように、自分が考案した商品を世に送り出したいです。そのため、今は様々なことを貪欲に吸収したいと考えています。
休日は、大好きな音楽や舞台芸術等を鑑賞して気分転換を図っています。また、温泉や景勝地に出掛けたり、ショッピングするのもリラックスになりますね。